暁の空

アクセスカウンタ

zoom RSS ルドルフ

<<   作成日時 : 2008/05/30 21:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


行ってきました。舞台としては華やかで素晴らしかったと思います、が…

突っ込みどころが多すぎて何をどう言ったらいいのか^^;



以下不快になるかたもいらっしゃるかもしれませんので閲覧は自己責任でお願いします。
批判しているわけではありません。率直な感想です。















(だいぶ補正入ってるらしいですけど)一応史実をもとにした皇太子ルドルフと男爵令嬢の悲恋の物語なのですが、このカップルがあまりにも自己厨すぎて、誰からも理解されず迫害されて心中を選ぶ過程を見ても同情も共感もまったくできませんでした…
むしろ苦しんでるように見えなかった。特にヒロイン。
お互いを愛しているというよりは、自分大好きさん同士の自己愛と自己愛のぶつかり合いみたいに見えたなー
これは誰からも祝福されなくて心中も仕方ないなと^^;
悲恋なのに切なさも悲壮感も全然感じなくていっそ清々しいほどでした!
そして超絶KYカップルに振り回されたルドルフの嫁をはじめとする周囲の人々に同情しましたよ…

ヒロインがどうしても令嬢に見えなかった件。
「何様だと思ってんのよ!」って台詞があったのですが、これほんとに台本通り?それとも地が出たのか?
いくら成り上がりだからってどんだけガラ悪いんだ(笑)
ずっと着ていた赤いドレスのせいかお嬢様らしくない庶民臭が漂いまくってたし。
この人のどこが良かったんだろう。長所がひとつも見つからない。そこがいいんだろうか。

ともかく芳雄君は輝いていましたそれだけで十分です!
こういう身分の高い人の役は華がある彼にピッタリだと思います

あ。振付が上島さんでした。テニミュw
これで音楽が佐橋さんだったら爆笑なんだけどな。そんなわけないか(笑)







画像

今回のお話の舞台だったウィーンの定番ケーキなのだそうですvv
やたら長い名前でした(笑)美味しかった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ルドルフ 暁の空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる